ご相談の流れ

  1. まずは「お電話」または「ご相談フォーム」にて相談の日時をご予約ください。
    お電話の場合、簡単にご事情をお聞きし、相手方の氏名をお聞きすることがあります(相手方から既に、相談を受けていないか確認するためです。)。
    「ご相談フォーム」の場合には、ご相談の内容をある程度詳細にご記入ください。相手方がいる場合には、その相手方のお名前もご記入ください。
     ※電話又はお問い合わせフォームのみでのご相談はお受けしておりません。

    矢印
  2. ご予約いただいた日時に、法律相談を実施します。 その際、契約書・借用証書などお手持ちの資料をすべてお持ちください。資料の選別は弁護士が行いますので、ご相談前に選別していただく必要はありません。
    初回相談の相談料は30分5000円(消費税別途)です。

    矢印
  3. ご相談の際、十分に聞けなかったと思われる点やご不明な点について、後日でもお電話やメールでご質問ください。 簡単な追加のご質問・ご相談には追加費用はかかりません。

    矢印
  4. ご依頼いただく場合、委任契約書と委任状を作成して、受任させていただきます。  委任契約書・委任状の作成に必要ですので、認め印(朱肉を使うもの)をご持参ください。 弁護士費用として、どの程度の金額がかかるのかを十分にご説明させていただきます。 また、お申し出いただければ、見積書を作成し、お渡しさせていただきます。
     ※受任に際しては、ご本人様との面談が必要です。

    矢印
  5. 方針について都度協議をさせていただき、ご依頼者様とともに解決に導いていきます。

    矢印
  6. 委任事務終了

    ご依頼いただいている事件が終了しましたら、報酬金が発生する場合があります。
    どのような場合に報酬金が発生するかについては、受任前の段階でご説明させていただき、委任契約書に明記させていただきます。